浦和レッズ vs 上海上港 (ACL準決勝2ndレグ) 感想とまとめ

■試合を見た感想

  • 4バック+アンカーの守備陣が完璧な守備。特に槙野はあのフッキを完璧に抑えてみせた。
  • 堀監督の修正力はすごい。代表ウィークでのJリーグ中断期間ごとにチーム力が上がっていくのが見えてくる。一度彼に最初からやらせてみたくなってきた。
  • 守備陣に評価が行きがちだが攻撃陣も見事だった。なかなかボールが来ない中で割り切った攻め方を続けながら要所でコンビネーションを駆使してあわやという場面を何度も作った。もちろん前線からの守備も見事。

■ハイライト映像

■個人的なチーム・選手採点

チーム総合

  • 浦和レッズ 6.5
    • 前回対戦でうまく機能したフォーメーションやメンバーをそのまま起用。ある程度は上海側に押される流れとはなったが、守備陣は体を張ってほぼ全ての場面で屈強な相手にもデュエルで勝利。前半11分のCKからのR・シルバのヘディングは値千金。その後も安定し始めた守備でゴールを守り、的確な交代も織り交ぜながら後半94分まで耐え抜き10年ぶりのACL決勝進出を決めた。

スターティングメンバー

  • 西川周作 6.5
    • 前半の強烈なフッキの直接FK止めたり、他にも苦手としているハイボールの処理などもほぼ完璧だった。相手のクロスやCKについてはいい意味で割り切り、キャッチよりはパンチングを選んでいた。いい時の西川が戻ってきた。
  • 遠藤航 6.5
    • 粘り強い守備で上海の攻撃をことごとく止めていた。攻撃時には積極的に前に出て効果的なクロスを量産していた。どれか一つでもアシストになっていればMVPクラス。
  • 阿部勇樹 6.5
    • フィジカルに優れた上海相手にも一歩もひかずに肉弾戦勝負に勝っていた。最近は衰えを感じる場面も見えたがこの日はさすがのプレイを続けていた。頼れるキャプテン。
  • マウリシオ 6.5
    • 序盤に遠藤へのパスを何度かミスしていたのが気になったが、前半途中からはいつも通りに安定。持ち味である「刈り取る」守備がチームに多大な効果を生んでいた。ACL決勝1stレグは出場停止になると思われるが痛すぎる。
  • 槙野智章 7.0
    • 重戦車のようなフッキをほぼ90分間にわたって何もさせなかった。1対1の守備では日本人トップクラスの守備力を持っていることを証明した。後半にはCKからの惜しいヘディングがあった。
  • 青木拓矢 6.5
    • 上海の強力な攻撃陣に対してアンカーとして90分間にわたってほぼミスなく押さえ込んだ。アンカーとして日本人トップクラスの能力を発揮しつつある。
  • 柏木陽介 6.5
    • 前半11分のCKによるラファエル・シルバへのアシストは見事の一言。守備面ではよく走りスペースを埋めたりしたが肉弾戦で負けることもあった。
  • 長澤和輝 6.5
    • そこまで体格に恵まれているわけではないが、相手のフィジカル勝負にも一切負けるどころか態勢を崩す場面すらほぼなかった。相手に囲まれて慌てそうな場面でも切り返しなどで切り開く冷静さを持っていた。
  • ラファエル・シルバ 7.5
    • 前半11分に柏木のCKから強烈なヘディングを見事に決めた。苦手な守備もこの日は積極的に行い、カウンター時には前への推進力やボールキープ力を存分に活かしていた。
  • 武藤雄樹 7.0
    • 無尽蔵の運動量で終始左サイドの相手の攻撃の芽を摘んでいた。攻撃でも積極的に動きチャンスを伺ったが結果にはつながらなかった。
  • 興梠慎三 6.5
    • チーム全体が守備重視の戦術だったため、そもそもボールが来ること自体が少なく、孤立によりポストプレイもJリーグほどできてはいなかったが、要所では機能していた。後半はFWだが守備にも力を入れていた。ラファエル・シルバの交代を進言したりとプレイ以外でも力を発揮。

交代出場

  • ズラタン 6.0
    • 体力の落ちたラファエル・シルバに代わり右サイドハーフとしてプレイ。身長と体格を生かしてゴールキックの的としてボールキープ率を高め、ペースを握り続けることに尽力した。
  • 梅崎司 6.0
    • 柏木に代わり左サイドハーフとしてプレイ。投入直後に単独でゴール前まで行ったシーンは惜しかった。ただあのプレイのおかげで相手の流れを止める効果はあった。
  • 李忠成 採点なし
    • 後半アディショナルタイムに興梠の代わりに投入。彼のような一発を持った選手が最後に投入されることで相手に一定のプレッシャーを与えられた。

監督

  • 堀孝史 7.0
    • この試合以前の1stレグでの選手起用や代表ウィークでのチームへの戦術浸透、神戸戦での遠藤、槙野の温存など事前準備や緻密な計算がこの試合に全て活きた結果に。交代の選手とタイミングも全て当たっていた。

■サッカーメディアの試合レビューまとめ

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です